いぬねこども徒然

いぬとか、ねことか、こどもとか。

幼稚園楽しい事情

朝、息子を送って行くと、自転車置場で同じクラスの男の子に遭遇。

息子は「〇〇くんと一緒に行く!」と言ってその子を待って、その子と一緒にクラスまで楽しそうに走って行った。

 

私としてはよくある光景で、息子はその子のことをよく話しているので好きなんだろうなー、でもその子はそんなにうちの子と仲良いそぶりをしないなーとか思っていて。

 

そしたらその子のママが、「こんなに楽しそうに教室に入って行くの初めてです。いつもしぶしぶ行く感じで」と。

少なくともママさんは嬉しそうにしていて、息子、グッジョブ!と思った。

 

 

いつもギモンに思うんだけど、幼稚園て、先生は限りなく優しくて、遊ぶ友達はたくさんいて、おもちゃもたくさんあって、騒いでも怒られなくて、もう楽しくないはずがない場所なのに、

行きたがらない子って、どんだけお家が楽しくて、どんだけママが優しいんだろうか。

本当に、こっそり見てみたいものだ。

 

 

子供のスピリチュアル事情

息子が突然

「ママ、赤ちゃんがくるよ♪」と。

 

え!それってまさか、噂に聞く子供のスピリチュアルな発言ってやつ⁈

実際問題、そんなはずはないんだけど…もっと長いスパンの話かな…

だとしたらもっと凄いな!

ドキドキ…まさかうちの息子に限ってと思っていたけど…

 

 

「ぼくたくさん食べて、お腹ぽっころりんだから、赤ちゃん生まれちゃうよ❤︎」

 

お前かよ‼︎w

だよね、君はスピリチュアルとか無縁だよねw

息子の思う大人事情

「ぼく、いっぱい食べるんだよ」と、3歳の息子。

「ぼく、いっぱい食べて大きくなるんだよ。大きくなって大人になるんだよ!」

 

おー、大人になるのかー、いっぱい食べてねー。

 

「大人になるとお酒飲めるんだよ。あとお会計も出来るし」

 

息子の大人像に多大な影響を与えた、私と乳母たちの飲み会は、月一程度開催しています。

すんません。

兄妹の性格事情

妹(1歳4ヶ月)は努力家だ。

自分でスプーンを持ってコツコツ食べる。

うまくすくえないと苛立ち、悔しがり、でもまたチャレンジする。

うまくできると得意げな顔をする。

こちらがやってあげようとすると、とても嫌がる。

 

兄(3歳6ヶ月)は努力家じゃない。

未だに「ママ最後ー」と言って、最後は食べさせてもらう。

「できないんだ〜」と言って、箸の練習をしたがらない。

 

だいぶ性格に違いが出て来た。

でも兄は妹を構いたくて仕方ないし、

妹は兄の真似をしたくて仕方がない。

息子の口癖事情

子供は親を写す鏡をとはよく言ったもので、

言い回しや、口癖などが似てくる。

 

そして、「えー、私そんな感じで怒ってるんだー。」とか、「そんな言い方するんだー」とか、新しく発見する。

 

最初に「私そんなこと言ってるんだな」と思った息子の口癖は

「なんかさぁ」だった。

「なんかさぁ、あれ食べたい」だとか、

「なんかさぁ、公園行きたい」とか。

 

自分ではなんかさぁが口癖とは気がつかなかったので、へー!と思った。

 

少したつと、また新しい口癖が追加される。

「二人ともー」

「ちょっとだけ〇〇」

「〇〇じゃないの」

 

最近やたらに息子が言っていて、本当に反省するのは

「ほんと腹立つ!」だ。

いや、ほんと、言葉には気をつけたいです。

子供のいる家のリモコン事情

リモコン、好きじゃないですか?子供って。

 

リモコンがよく消えます。

ボタンがたくさん付いてるとか、なんか音がするとかたまらないんでしょうね。

 

エアコンのリモコン、

テレビのリモコン、

空気清浄機のリモコンなどなど。

 

とりあえず今はテレビのリモコンが見当たりません。

テレビを見たいと子供が愚図ってますが、ないものはない。

そして、何処かへ隠したのは君たちなんだけどねー。

 

リモコンを探せる機能は絶対必須だと思う。

(もうある?)

電動自転車事情

子供のいる家にはほぼデフォルトであると思われる電動自転車。

(車社会のエリアではそーでもないですかね)

これがないともう生活出来ないです。

しかし、都会の駐輪場はどこに行っても立体になっている所が多いですね。

あの小さな段差を上げることが出来ないほど、電動自転車は重たいものです。

 

本日、息子を歯医者に連れていくために、幼稚園のお迎えからそのままいつもとおらない未知で歯医者に向かいました。

 

後ろに息子13キロ、前に娘10キロ、幼稚園の荷物。

そこに立ちはだかるは急な上り坂。

記憶では登れるかと思われたその坂は、電動自転車の力を借りても全く太刀打ちできるものではなく。(確か荷物なしで電動自転車なら登れたはずなのですが…)

 

急な坂道の途中で、ゲキ重い電動自転車に子供を前後ろに乗せ、登ることも戻ることも止まることも出来ず…

吹き出す汗、手も滑る、ぐずりだす子供達、

ここは地獄か?

 

とてつもない筋肉痛に襲われるのは必至です。